« 映画王モリコラム2005年邦画ベスト10 | トップページ | アイドル・エンタvol182005年総括 »

2005/12/27

VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算

『2005年の占拠率-総決算』「今年も残すところ~」なんて言葉がよく聞かれる様になってきました。もう「締め括る」時期になってきてますよ。何でしょう。年末ってのは締め括るべきなんでしょうか。・・・ま、締め括りますけど。 2005年、幕開けはBEAT CRUSADERSのカウントダウンでした。そして今年一年、私の耳の占拠率が高かったのは間違いなくビークルだったと思います。P.O.A.やMUSICRUSADERSはもちろん、今まで持っていた旧譜を引っ張り出して聞いてました。しかし私だけではなかったようで、先日発表された某誌の年間アルバムチャートでP.O.A.が99位に!これってすごいことだと思います。固定ファンだけではこの順位にはなれないでしょう。彼らの音が広く届いた証拠だと思います。耳を独占していたのがビークルなら、目を独占していたのは誰か。つまりライブを一番見たのは誰か。そう思い今年行ったライブを書き出してみたところダントツでストレイテナーでした。一年で7回見てます。実際には29日にも見るので2005年では8回ですね。うちワンマン4回。それだけ彼らがライブに勤しんでいたということでもあるわけで。チケット争奪戦が激化していく中、この回数見れたのは嬉しい限り。やっぱテナーはライブかっこいいので。ちなみに番外編を一つ。街で音楽を聴くとき、私はポータブルCDプレイヤーを愛用しています。このminiだのnanoだのというご時世ですが、私は常にCDを10枚ほど所持しています。CDキャリングケースに入れて。その日の気分で中身を入れ替えたりしてね。そんなわけで今年、私のキャリングケース占拠率の高かったと思われるCDを紹介。それは「マイナスターズ/ネガティブハート」です。マイナスターズはさまぁ~ずがコントの中から生み出したキャラで、マイナス思考なことを歌にしてます。「今日の俺はどうせ人数あわせなんだろ」とか「下の道のが空いてたんじゃねぇのかな」とか。なんかね、ふとした時にすごく聞きたくなるのでずっと入ってましたね。時々全とっかえとかもするんですが、何故か残る。とりあえず面白いです。オモシロです。グループ魂とか好きな人は好きだと思います。コントが入っているわけではないんですが、曲自体がネタというか。途中で三村さんがつっこんだりしてますから。思い返せばこの一年、いろんな音楽を聴きいろんなライブを見ました。そしてこんな文章を書くようになり、そして年末PENPALS解散。私の音楽史の中では激動の一年だったように思います。来年もどんどん探求して行こうと思いますので、願わくはお付き合いの程。最後に一つ、問いたい。「あなたにとっての2005年一番のCD/ライブは何でしたか?」

『2005年!』・「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~/BEAT CRUSADERS」2005年5月11日発売・「TITLE/ストレイテナー」2005年1月26日発売・「ネガティブハート/マイナスターズ」2005年1月19日発売

« 映画王モリコラム2005年邦画ベスト10 | トップページ | アイドル・エンタvol182005年総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13067244

この記事へのトラックバック一覧です: VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算:

« 映画王モリコラム2005年邦画ベスト10 | トップページ | アイドル・エンタvol182005年総括 »