« VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算 | トップページ | 映画王モリコラム2005年洋画ベスト10 »

2005/12/30

アイドル・エンタvol182005年総括

【2005年総括】

今年最後のアイドル・エンタです。2005年をさっくり総括しちゃいます。今年の顔は「上戸彩」で決まりですね。さすが東の横綱。スーパーアイドルの面目躍如。もはや貫禄の大活躍でした。CMぱんぱん流れまくりですし、ドラマにバラエティにテレビ出まくりでした。最近始まった化粧品の新CMでは大人っぽい演出もされ始め、来年以降も安定株ですかね。一方、西の横綱「松浦亜弥」は昨年までの勢いがやや落ち着いてしまったものの、ハロプロ軍団では孤軍奮闘の活躍。「午後の紅茶」CMとタイアップ曲「気がつけばあなた」が無ければかなり厳しかったかと。ちょっと前にドラマで失敗しているだけに、お芝居方面に事業を広げづらい(格が高い=主演クラスが故に)のがつらいとこです。「モー娘。」の凋落とともに沈みかかっている母艦のハロプロを救えるか、それとも一緒に沈んでしまうのか… 2006年は「松浦亜弥」にとって正念場となる1年ですね。今年ブレイクしたのが、AEイチオシの「相武紗季」と「掘北真希」。「相武紗季」はNHKの夜ドラ「どんまい」で主演を努め、一気に全国区に駆け上がりました。スポンサー的には抜群に使い易いキャラクターで、来年は新CM女王とかって騒がられること間違いなしって感じです。「掘北真希」は映画へは多数出演していましたが、「野ブタ。をプロデュース」でブレイク。このメルマガで、「野ブタ。」前に取り上げておいて良かったです(笑)。てか「野ブタ。」途中までめちゃくちゃ面白かったのに、あの最終回は無いよなぁ。もったいない。傑作になれる可能性があったのに、「亀梨和也」の出世作で終わってしまった。残念。「相武紗季」は「がんばっていきまっしょい」で「内(田口)」「錦戸」と、「掘北真希」は「野ブタ。」で「亀梨」「山下」とそれぞれ共演。ジャニーズ実績をしっかり積んで、来年も活躍間違いなしってとこですね。で、ジャニーズは「嵐」、「タッキー&翼」、「NEWS」、「KUT-TUN」、「関ジャニ∞」と20歳前半位のメンバーがかなり潤沢。今年からみんなピンでも結構出てくるようになってきました。彼らがドラマに出演する場合にはもちろん、相手役を演じる同年代の女性アイドルが必要になるわけで、自然と女性アイドル達の活躍も期待できちゃいます。で、AEが2005年度末にお勧めする2006年ブレイク必至のアイドルは、「山崎真実」です。かなり良いです。かなりさくっとですが、総括しちゃいました。本年は、応読頂きましてありがとうございます。来年もよろしくお願いしますでは、良いお年を!!

« VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算 | トップページ | 映画王モリコラム2005年洋画ベスト10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065275

この記事へのトラックバック一覧です: アイドル・エンタvol182005年総括:

« VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算 | トップページ | 映画王モリコラム2005年洋画ベスト10 »