« VOL.18★ジャパニーズロック:KAKUBARHYTHM SPECIAL2005 | トップページ | VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算 »

2005/12/23

映画王モリコラム2005年邦画ベスト10

本年も気がつけばあっという間に12月で残り僅か。映画興行では現在、正月映画として大作、話題作がどんどん公開されて活況を呈しているようです。私自身まだ未見の作品もありますが、例年通り、この時期は今年を振り返るという意味で、2005年新作映画のベストテンをモリの独断と偏見で選んでみました。今回は日本映画編。①理由 ②ALWAYS 三丁目の夕日③運命じゃない人④ローレライ⑤妖怪大戦争⑥トニー滝谷⑦ 空中庭園⑧レイクサイド マーダーケース⑨8月のクリスマス⑩火火   昨年豊作であった日本映画でしたが、今年の印象は全体的に小粒な印象で私にとって突出した作品がなかったのは残念です。(①は大好きな作品ですが厳密に言えば昨年の作品ですし・・・。)しかしその中でも③の新人監督の語り口の面白さは今後も期待したいと思いますし、役者では⑩の他、残念ながらテンから漏れましたが「いつか読書する日」の田中裕子が大変印象に残りました。上記以外にも気になった作品が数本あり、私にとってそれなりに作品の粒が揃った1年だったと思います。外国映画編は次回にて。

« VOL.18★ジャパニーズロック:KAKUBARHYTHM SPECIAL2005 | トップページ | VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065411

この記事へのトラックバック一覧です: 映画王モリコラム2005年邦画ベスト10:

« VOL.18★ジャパニーズロック:KAKUBARHYTHM SPECIAL2005 | トップページ | VOL.19★ジャパニーズロック 2005年の占拠率-総決算 »