« VOL.10★ジャパニーズロック:OMOIDE IN MY HEAD-ナンバーガール | トップページ | VOL.11★ジャパニーズロック:PENPALS »

2005/10/25

アイドル・エンタvol11青木裕子がキテル

【青木裕子がキテル!!】

10年近く前に一世を風靡した巨乳アイドルの「青木裕子」では無く、TBSの新人アナウンサー「青木裕子」がキテます!この人はっきりいってモデルさんです。アナウンサーやってるのが不思議です。日本人離れした容姿で、抜群のスタイル、AEおススメNO.1です!!メインの番組は2つ。日曜朝の「サンデージャポン」と木曜深夜の「E娘」、両方情報番組です。渋谷の女子高生も真っ青の超ミニスカの衣装を堂々と穿きこなしています。しゃべりはまだたどたどしいですが、同時期の「小林麻耶」が業界慣れし過ぎていたのに比べると、逆に初々しくて良いです。てか、TBSの採用の基準がわからないです(笑)。けど、人事の採用担当者のセンスに脱帽です。きっとTBSの人事を辞めても芸能事務所とか風俗のスカウトで食っていけるはず。数年に1人づつでもコンスタントにヒットを放てるなんて、すばらしいセンスです。「青木裕子」愛称は「ゆうこりん」。実は英語も堪能な才女。これからの成長に期待大です。【またまた秋ドラマ】《野ブタ。をプロデュース》秀逸です。最近元気の無かった日テレからの久々のヒット作!陰湿なことであるイジメがテーマに有りながら、「変わる」こと、「変える」ことを教訓では無く、共感で描いています。今クールでイチオシのドラマです。きっと次は「嫉妬」がテーマになるのでしょう。「掘北真希」VS「戸田恵梨香」の女の闘いに期待します。《1リットルの涙》もあいかわらず良いです。このドラマの主演で「沢尻エリカ」がトップアイドルの仲間入りを果たすことは確実!「管野美穂」のような女優さんに成長する期待大です。《危険なアネキ》「伊東美咲」が大危険。。はっきり言ってつまらなかったですよねぇ!?月9大迷走。。 「伊東美咲」の前作《電車男》は、木曜10時という枠でもあり、実験的なドラマで結果は問われないところでしたが、今回の月9は負けが許されない枠のはず。「伊東美咲」だけの責任ではありませんが、脚本の弱さを主演がなんとかしてしまうマジックが旬な俳優にはあるはず。しかもかつての月9の主演俳優はそのマジックを使って結果だけは残してきたはず。「旬」といわれる所以です。今の「伊東美咲」にそれが感じられない…。オーラが足りない。同じ役を「長谷川京子」が演じていたら、なんとか持っていっているはず。「僕だけのマドンナ」「Mの悲劇」をなんとかしているんですから。確かに共演者も弱い。しかしなんとか踏ん張らなくてはならない。資生堂のCMで「蛯原友里」に「大人気ない」って言われてるキャラは素敵です。がんばれ、「伊東美咲」!!期待に答えて下さい。応読頂きましてありがとうございます。では、また次回!!

« VOL.10★ジャパニーズロック:OMOIDE IN MY HEAD-ナンバーガール | トップページ | VOL.11★ジャパニーズロック:PENPALS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13065347

この記事へのトラックバック一覧です: アイドル・エンタvol11青木裕子がキテル:

» 青木裕子(TBSアナウンサー)画像 [為替王ブログでFX指南!]
青木裕子(TBSアナウンサー)画像は、恋に生きる女。。 [続きを読む]

受信: 2007/06/16 22:40

« VOL.10★ジャパニーズロック:OMOIDE IN MY HEAD-ナンバーガール | トップページ | VOL.11★ジャパニーズロック:PENPALS »