« Vol.4★ジャパニーズロック:3ピースバンド | トップページ | VOL.6★ジャパニーズロック:空想音楽会Ⅳ »

2005/09/13

Vol.5★ジャパニーズロック:完成品をあえて料理

VOL.5『完成品をあえて料理-カバー曲』

その昔、「夜のヒットスタジオ」を見ていたときの事。オープニングの紹介メドレーのとき高橋真梨子が「パラダイス銀河」をまるで自分の持ち歌かのように歌っていました。それを見ていて子供ながらに「この人、本当に歌うまいんだなぁ」と思った記憶があります。
人の曲をPLAYする、いわゆるカバーですね。これってやはりミュージシャンの力量が試されるものだと思います。「でも歌っている人が違うんだから違うものになるがな!」とも思うのですが、それだ
けではコピーになっちゃいますからね。元歌を作ったミュージシャンだって「これが最良じゃ!」として音源を出しているわけで、それを別のものにするというのは至難の業だと思います。例えるなら完成しているカレーで別の料理を作る、みたいなものでしょうか。(ん?違うか!?)カバーする側にその曲やミュージシャンに対して愛情や思い入れがあればなおのこと。その曲を好きだったアマの頃とは違うプロのミュージシャンとしてのアプローチをしなければならない。う~ん、タイヘン。
私が今までに聞いて衝撃を受けたカバーが、うつみようこがカバーした「待つわ」です。これは「スカでヒッパレ!昭和歌謡2」というコンピレーションアルバムに収録されてます。もうね、すごいんです。「待つわって本当はこういう曲だったんじゃないか」って思うほど。激情型待つわ。もう自分の歌にしちゃってる。あみんの待つわで泣いた事はないけど、ようこさんの待つわは泣けますよ。
もうひとつ、私の好きなカバー曲。Hi-STANDARDがカバーした「MY FIRST KISS」です。これは昔、アニメ「キテレツ大百科」のエンディングで流れてた「はじめてのチュウ」のカバーです。タイトルでも分かるとおり英語詞になっています。この曲、いろんな人が歌っているのを聞いたことがありますが、普通に歌っちゃうとなんかいやらしさが出ちゃう感じですよね。「そんなの自分の彼女にでも歌っとけよ、マンツーマンで」みたいな。でも英語詞になることによってそれが中和されてます。でも甘さは残してます。
まぁ、こんなことを書こうかなと思ったのも7日にBEAT CRUSADERSがカバーアルバムを発売したからでして。そもそもビークルを知ったのも「HANDSOME ACADEMY」というカバーマキシだったので、何とも感慨深い。そんな思いで書いてみました。でも結局、カバーアルバムについては触れてませんけど。ま、聞いてみればいいじゃない!!

『お薦めカバー曲』
・うつみようこ「待つわ」/V.A.「スカでヒッパレ!昭和歌謡2」(2002年12月11日発売)に収録
・Hi-STANDARD「MY FIRST KISS」/「Love Is A Battlefield」(2001年7月24日発売)に収録
・BEAT CRUSADERS「I CAN SEE CLEARLY NOW 」/「MUSICRUSADERS」(2005年9月7日発売)に収録

« Vol.4★ジャパニーズロック:3ピースバンド | トップページ | VOL.6★ジャパニーズロック:空想音楽会Ⅳ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42812/13079214

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.5★ジャパニーズロック:完成品をあえて料理:

« Vol.4★ジャパニーズロック:3ピースバンド | トップページ | VOL.6★ジャパニーズロック:空想音楽会Ⅳ »